読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロのコンパス

仕事のことや心のことを中心に書いていきます。

【就活生向け】経営企画の仕事

スポンサーリンク

 

こんちは。yukiです。

 

僕は大手メーカーの経営企画に新卒で配属、2年くらい働いてきました。

(雑用の嵐w)

今回は自分の経験をもとに、「経営企画」という職種について

就活生や転職したい人向けに

わかりやすく解説していきたいと思います。

 

「経営企画」とは

 

「経営企画はエリート」、「会社の中枢」、「経営の参謀」とか

いろいろ言われるんですけど、

 

そもそも全く何やってるかわかんないですよね。

 

商品企画(商品を企画する)なんかはすぐイメージできても、

経営企画(経営を企画する)といわれてもピンときません。

僕も就活生のころは全然わかりませんでした。

(今もまだふわっとしています笑)

ですので、 

そんな疑問に少しでも答えられたらいいなあと思ってます。

 

じゃあさっそくいきましょう。

 

経営企画の4つの役割

 

現段階で、僕が思うところの経営企画の役割は4つです!

①中長期的な経営の計画を立てる

経営管理をする

③新規事業を育てる

④全社プロジェクトを推進する

 

 

そしてこのそれぞれの役割に対して、

事務局的(受動的)に関わるか、

参謀的(能動的)に関わるか、

というかかわり方によって「どんな風に仕事をするか」

が変わってくるんじゃないかって思ってます。

 

経営企画での仕事は、経営トップ(社長など)の性格や仕事のやり方によって

だいぶ変わってきます。例えば「会社の長期戦略は全部自分でつくる!」っていう

社長がいる会社の経営企画は、社長から言われたことをそのままスライドにしたり、

原稿にしたりするのがメインの仕事になるかもしれません。(事務局的)

 

 

次回からの記事で、上記4つの役割について書いていこうと思います!