読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロのコンパス

仕事のことや心のことを中心に書いていきます。

何度も同じ話をする人の心理

スポンサーリンク

yuki@カウンセラーです。

 

それでは今日は何度も同じことを

繰り返し話す人の心理を、

カウンセラーの視点から解説します。

f:id:counselorblog:20160402101859j:plain

 

 

同じ話を繰り返す人って...

結論からいきましょう。

なんで同じ話を繰り返すかというと

「きいてもらえた」という実感がないからです。

人は、自分の話をきいてもらえてないと

感じたとき(意識的にも無意識的にも)、

同じ話をもう一度します。

特に大事なこととかイチオシのことはね。

いわれてみればあたりまえです。

例えば、

A君「俺、最近彼女できたんだ!」

B君「ふーん。よかったねー。っていうか、今度USJいこうよ!」

これは大げさですが、こういう受け答えされたら、

A君は10分後くらいにまた彼女の話を出すでしょう?笑

 

じゃあどうすればいいか

聴くこと。

相手と同じテンション、もしくは

それ以上であいづちをうったり

受け答えする。時には質問をして

しゃべらせてあげる。

 

逆説的だし、

対処法になってないかもしれないけど

「ちゃんと聴く」が大事。

さっきの例でいえば

B君はずっと彼女がいなかったのかもしれない、

すごい努力したのかもしれない、

美人な彼女をゲットしたのかもしれない、

そういうことを想像しながら、

聴いて、質問して、受け止める。

「えええー!すごいね!どんな彼女?」

とかやる。

(なんかこっちの方が同じ話なんども

繰り返されるより、時間かかりそうで

面倒って場合も多いけど笑)

   

 

話をきいてもらえた実感がないと次のステージへいかない

人間は結局、「話きいてもらえた実感」がないと

もっと深いとこまで話すとか

次の話題とか、逆に相手の話をきくとか、

そういう次のステージにいかない。

だから、同じような浅い話を何度も

してしまう人がいる。

こういう人たちは、

極論すれば、

「ちゃんと話をきいてもらえてこなかった。」

僕がカウンセリングを習っているとき、

10分くらいのカウンセリングでも、

クライアント(話し手)の話をきいていたら

最初の話題をまた話しているということが

ありました。(クライアントは無意識に、です)

そこでカウンセラーの先生から言われたのは、

「同じ話が何度もでてくるということは、

ちゃんと話をきけていない証拠。

カウンセラー(聴き手)が悪い。」

と言われました。

すごいドキッとした。

最初の話題を受け止めてからは、

深い深いとこへ入っていけるようになり、

カウンセリングが面白くなりました。

 

伝えたい事

ちょっとタイトルとは

ずれてしまうかもしれないけど、

 

自分の大切な人や、

仲良くなりたい人、

そういう人たちと会っているときに、

2度、3度同じ話をさせてしまっているときはないだろか。

相手は無意識に「ちゃんときいてもらってない」

って思ってる可能性があるよ。

テンションを合わせて、

その話題の背景を想像しながら、

全力で、

大切な人達の話をききましょう。

それが本当の意味での「共感」です。

 

 

シェアやブクマ等歓迎です!

以上、ではでは~。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー 

コチラの記事もおすすめです!

www.kokoro-no-compass7.com