読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロのコンパス

仕事のことや心のことを中心に書いていきます。

カウンセラーが教える、人の相談にのる時に知っておくべきこと

スポンサーリンク

こんばんは。

yuki@カウンセラーです。

 

相談にのってるときに、

相談をしてる人(以下クライアント)が、

「あー!」とか

「実はそうなのかもしれない!」

「なんかすっきりした!」

なんていう風に、

なにかに気づく瞬間ってありますよね。

 

それがキッカケとなって悩みが解決していく

「気づき」

 

でも、

クライアントが「気づき」を得るには

2パターン方法があるって知ってました?

 今日は

①外的な気づき

②内的な気づき

について紹介していきたいと思います!

 

①外的な気づき

これはあなたの知識をもとにしたアドバイスや

経験をもとにした助言などで、

クライアントが新たな知見を得て、

「気づき」が生まれることです。

また、

あなたとクライアントが違うからこそ、

価値観が違ったり、大切なものが違ったりして

視野が広がるパターンもあります。

 

これらはよくありますね。

てかほとんどがこのパターン。

 

このタイプの気づきを与えたいなら、

頑張って勉強して、いろんな経験をする

のがいいでしょう。

 

でも、カウンセラーや相談に乗るのがうまい人が

やっているのはもう1つの方法。

 

②内的な気づき

これはクライアント自身が

自分の深いところにアクセスして、

気づきを得るパターンです。

人間の脳の95%は普段使われていなくて、

(これを潜在意識と呼んだりしますが)

私たちにいろんなことを教えてくれます。

 

カウンセラーはクライアントが、

その人の深い深いところでなにかを

見つけてくるのを支援するのがうまいのです。

 

ところで、

そういう風に自分で自分の内側の気づきを

探している、つまり、

「自己探索モード」になっている

クライアントには以下の特徴があります。

 

カウンセラーの方を向かない時間が増える

・声のトーンが低くなる、ゆっくりしゃべる

・手で体をさわる

 

そうそう、自分の内側に問いかけるときには

ゆーーーっくりだし、

胸のあたりをなでたりするし、

ぼんやり少し上の方をみながら、

なんてことが多いのです。

 

あなたもそうじゃないですか?

 

◇内的な気づきを得てもらうためには

それはね、

話をきいている方から、

声をゆっくりにしたり、

相手から目線を離してぼんやりしてみたり、

すること!

 

クライアントがこっちを見ながら、

テンポよく悩みを相談しているときには

すでに知っていること(顕在化していること)

を話しているだけなのです。

 

だから

「気づき」や「ブレイクスルー」は

生まれません。

 

逆に

クライアントにはまだ気づいていない部分を

探求してもらわないといけません。

そのためにはこっちから仕掛ける。

 

目を見ない、

あいづちはゆっくり、

しゃべるときはトーンを落とす、

 

悩み相談で埒があかなくなったら、

ぜひ実践してみてください。

 

 

きっと変わるよ!

 

 

 

こっちの記事も人の相談のるときに

参考になるから、覗いていってね。

 

counselorblog.hatenablog.com

 

 

以上。

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

注)自己探索モードのクライアントの特徴は

「カートナー」という研究者が発見しました。

 

skypeで気軽に悩み相談やってます。

詳しくはお問合せからどうぞ!