読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロのコンパス

仕事のことや心のことを中心に書いていきます。

世界的な振付師の人生を変えたカウンセリング

スポンサーリンク

こんばんは、yuki@カウンセラーです。

風邪をひいてダウンしてまして、

ブログ更新できていませんでした。

 

今日はTEDより僕が印象に残っている

ストーリーを紹介します。

 

www.ted.com

 

これですね。

 

ケン・ロビンソン

「学校教育は創造性を殺してしまっている」

 

この中にジリアン・リンという、

ミュージカル「CATS」の振り付けを

行った、世界的な振付師の幼少期のストーリー

がでてきます。これが感動的なので紹介します。

 

◇ジリアン・リンの幼少期

学校は彼女の両親に

ジリアンには学習障害があると伝えたんです

集中力がなくいつもそわそわしていた

 

 今でいうADHDでしょうか。

なかなか勉強に集中できないで、

席を立ったり、声をだしちゃったり

する子。

最近はADHDという病気が有名に

なってきたので

「うちの子ADHDじゃないかしら」

とか心配する親がいるとききます。

 

ちなみにADHD

Attention Deficit Hyperactivity Disorder

 の略で「注意欠陥多動性障害

のことです。一応先天的な脳機能障害と

されています。(真偽は不明)

 

少し話は脱線しましたが、

ジリアンは親に精神科のもとへ

つれていかれます。

 

◇医者が言った人生を変えたひとこと

医者はジリアンにいいました。

「お母さんと2人で少しお話がしたいんだ、

少しここで待ってて」

 そしてなぜかラジオの電源をつけ、

お母さんと医者はでていき、

二人は部屋の外でジリアンを

見守りました。

 

そして

病気だと疑われていた

ジリアンの人生を変えたのは、

 

ジリアンは元気そうに、

音楽に合わせて動き始めました

そして医者は母親に言ったんです

「お母さん、ジリアンは病気なんかじゃありません。

ダンサーですよ」

 

このひとことでした。

 

このあとジリアンはダンスを習い始め、

世界的なダンサーになるまでに成長するの

です。

f:id:counselorblog:20160416215235j:plain

 

◇医者(カウンセラー)が素晴らしい!

ジリアンが精神障害だと診断され、

薬を投与され、

みなと違った生活を余儀なくされて

いたら、この才能は死んでいたでしょう。

 

彼女は「多動」でした。

でもそれは「ダンス」でした。

人を惹きつける魅力がありました。

 

医者の「ダンサーですよ」

というひとことが本当に人生を

変えたんだなあとしみじみ

思います。

 

この医者は「多動」を

病気ではなく、

「才能」だとみること

ができた。

(心理学ではリフレ―ミング

 といいます)

 

僕もそういうカウンセラーに

なりたいと思います。

 

◇伝えたい事

今の世の中、「普通」という

強力な通念があり、

「普通」からはずれると

病気だの、異常だの言われます。

しかし

そのせいで多くの子供の才能や個性は

輝かなくなっていると思います。

 

子供がいると

「うちの子大丈夫かな」

と心配になるキモチはわかります。

でも、お母さん、お父さんが

その子の可能性を信じてあげられなくて

どうする。

 

学校の先生から

「あなたのお子さんちょっと

おかしいですよ」

としても、

たぶんそれは

個性だし時によっては才能

だと思うんです。

 

だから、「普通」という

どっかの誰かが決めた

基準なんて気にしなくていい。

 

 

病気じゃない、です。

ただ踊っているだけ。

だから文句言わないで。

 

ーーーーーーーーーーー

注)引用部はすべて掲載したWEBサイトより

 

 

仕事もそうだけど、

もう少しカウンセリングの方も力いれていこー。

 

では。