読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロのコンパス

仕事のことや心のことを中心に書いていきます。

「頑張る系」の自己啓発、「頑張らない系」の自己啓発

スポンサーリンク

お久しぶりです、yukiです!

 

セミナーに出たり本屋のビジネス・自己啓発コーナーに

いくと自己啓発は大きく2つにわかれることがわかります。

1つ目は「頑張る系」、2つ目は「頑張らない系」。

2つのメッセージ矛盾していて迷ってしまう方もいると思うので

今回は双方の特徴を簡単に解説していきます。

 頑張る系の自己啓発

こちらはビジネスマンとして成功した方、

経営者やコンサルタントが提唱していることが多いです。

 

「英語ができた方がいい」

「これからはプログラミングだ」

「人脈をつくれ」…

などなど会社で成果を出す方法や1人で稼ぐノウハウが中心。

もちろん、目標達成ややると決めたことの習慣化もコアです。

 

自己啓発の王道であり、

みなさんも一度は目にしたことがありますよね。

 

「頑張らない系」の自己啓発

一方、「頑張らない」をうたう自己啓発もあります。

こちらは心理学やスピリチュアル界隈の人が

提唱している事が多いですね。

 

「ありのままで大丈夫」

「好きなことだけしよう」

「人を頼ろう」

 

このように、一見甘い文句が書いてあります。

 

しかし、自分らしく生きるということは

かなり勇気がいること。

それは、例えば、組織に属さないなど

一般常識からはずれることになってしまうからです。

また自分を表現するため、批判されることも多くなります。

 

まとめ

頑張る系の本質は「努力」

頑張らない系の本質は「勇気」

 

どちらも、目指すところにたどりつくには

とても大変なのですね。

 

 

では、どちらを選ぶべきでしょうか。

 

それは人によって違うし、その人の人生のフェーズに

よっても異なると思います。

 

しかし、今まで頑張ってきてうまくいっていないなら

「頑張らない系」の考え方を採用すべきだし、

今まで「自分らしく」を追求してうまくいっていないなら

逆の「頑張る系」の考え方を

採用してみてもいいのではないでしょうか。

 

今までの自分のやり方でないものについては

認めにくかったり否定してしまったりだけど、

それを我慢して違う方にチャレンジしてみよう。

 

 

以上、久しぶりのブログでした!