読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロのコンパス

仕事のことや心のことを中心に書いていきます。

「完璧」は人間の属性じゃない

スポンサーリンク

こんばんは、yuki@カウンセラーです。

 

最近はペースも落ちていますが、

このブログも60記事目です。

 

今日は「なんでも自分でやるのはやめようよ」

っていうお話ですのでよろしくです!

  

多くの人間が完璧を求めようとする

いろんな人の話をきいていると、

 

多くの人間が失敗を恐れ、

物事を完璧にこなそうとし、

隙はつくらず、

人に嫌われないように仮面をかぶり、

 

がんばっている気がします。

 

確かに

 

失敗はいやだし、

人に嫌われるのもの怖い、

自分の欠点は認めたくない、

常に予防線をはりたい、

 

僕もそう思います。

 

むしろ大学生くらいまでは

そうやって自分をよく見せようとしてました。

 

でも、そうやってると孤立するんですよね。

 

僕の尊敬する精神科医である、

ミルトンエリクソンは言いました。

 

「完璧」は人間の属性ではない

 

と。

 

「完璧」に生きようとすると、

自分の周りから人が離れていきます。

そうなると、「人間的」に生きるのは難しい。

寂しいです。

 

人はだれかを助けたい

完璧にやろうとするとなぜ孤立するか、

それは人間は誰でも誰かの役に立ちたいからです。

役に立ちたくて仕方がないんです。笑

 

だから完璧にやろうとする人、自分の苦手をみせない人は

少しずつまわりから人が離れていってしまうんです。

そうすると、仕事や人間関係がもっとうまくいかなくなって、

さらに、がんばって、、、

っていう悪いループにはまります。

 

 

そうではなくて、

 

いっぱい失敗して、

いっぱい人に助けられて、

自分の弱いところをみせながら、

生きていくのもいいんじゃないかと思っています。

 

その分誰かのことも助けながらね。

 

パズルのような優しい世界

人間は凸凹があります。

人間ですから、「完璧」ではなく

できることもあれば苦手なこともあります。

 

他の誰かが自分のへこんだ部分を埋めてくれます。

逆に自分の持っているもので誰かの役に立てるものも

きっとあります。

f:id:counselorblog:20160919201650j:plain

 

そんな優しい世界を信じて生きていきたいし

伝えていきたい。

 

 

3日間メールカウンセリング!心理カウンセラーがあなたの悩みの寄り添います。