読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロのコンパス

仕事のことや心のことを中心に書いていきます。

「正論を言わない」ことを大切にしたい

スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。

yuki@カウンセラーです。今年もよろしくお願いします。

 

本日は悩み相談に乗る際に、

気を付けていることを紹介したいとおもいます。

 

 何番目に相談されたのか考える

悩みを抱えたときにまずは家族や、パートナー、

親友など身近な人に相談しますね。

つまり、あなたのところに相談にやってきたときに、

すでにその悩みは何人かに相談されたあとかもしれません。

裏を返せば、それまでの相談では、

悩みが解決されなかった、

解決の糸口が見つからなかった、

何か変えてみるモチベーションがわかなかった

ことになります。

 

そして、もし、一番最初にあなたのところに来たとしても、

厳密に言うとあなたは1番ではありません。

 

なぜか?

 

人は悩んだ時にまず最初に自分と対話するからです。

(当たり前ですね。)

そして多くの場合、悩む原因を作った自分を責めています。

 

だから、その人が

うまくいかなくて散々自分を責めてきたことを、

こっちがまた言っても仕方がないのです。

 

f:id:counselorblog:20160613204008j:plain

 

正論を言わない

昔、友人に「サラ金から150万借金をしている」

と相談をうけたことがありました。

彼は仕事ができる人間で、プライドも高く、

そんな状況になってしまった自分のことを

何度も何度も責めていました。

 

だから、僕は言ったんです、

「お金なんてどうでもいいじゃん。」

 

そこから彼はふっ切れ、問題の解決に少しずつですが

すすみはじめました。

 

僕も、

「ちゃんと働けば?」

「誰かからお金を借りればいい」

など、正論めいたアドバイスをすることはできました。

 

でも、それは意味がない。

 

だってそんなこと、彼自身が一番わかっているから。

 

それができなくて自分のことを散々責めていたのだから。

 

お金がないというのはただの事象にすぎず、

多くの問題が絡み合っています。

借金を返せることなら返したいし、

でもそれができない。それができなくて悩んでいる。

相談してきてくれている。

そこで正論をぶつけることに意味はないのです。

 

もちろん、友人や尊敬する人に正論をびしっと言ってもらう、

背中を押してもらうことで前に進める類の悩みもあります。

 

けど、僕が大切にしたいのは正論を言わないこと。

そして、その人の悩み方、考え方の外に解決方法があること。

悩んでいる人と同じような考え方、悩み方をしてしまったら

悩みは絶対解決に向かわないですからね。

 

 

よかったらこちらの記事もどうぞ。

「2種類の気づき」について書いています。

www.kokoro-no-compass7.com